メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「高齢犬用ミルク」検索結果。

高齢犬用ミルクの商品検索結果全11件中1~11件目

いぬのしあわせ 小型犬7歳からの高齢犬用1.3kg×6袋

Amazon

2,765

いぬのしあわせ 小型犬7歳からの高齢犬用1.3kg×6袋

●愛犬の大好きなチーズを粒に練り込み、さらにミルクパウダーをまぶしました。●カロリーケアが必要な7歳以上の高齢犬に適した栄養バランス●おなかの健康維持にオリゴ糖・アップルファイバー配合●総合栄養食●微粉砕原料使用●着色料無添加●香料無添加●オリゴ糖配合●天然由来酸化防止剤●小型犬向け●高齢犬向け●小分けパック原材料●穀類(とうもろこし、小麦粉、ホミニーフィード、コーングルテンミール、脱脂米糠)、肉類(チキンミール、ミートミール、チキンパウダー)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル)、豆類(大豆ミール)、魚介類(フィッシュミール、煮干粉)、ビートパルプ、乳類(ミルクパウダー、チーズパウダー)、アルファルファ、野菜類(パプリカ、キャベツパウダー、にんじんパウダー、ほうれん草パウダー、かぼちゃパウダー)、糖類(オリゴ糖)、β‐グルカン、ミルクカルシウム、クロレラ、アップルファイバー、グルコサミン、クローブ、バジル、ローズマリー、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、イノシトール、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、ヨウ素、亜鉛、銅)、アミノ酸類(タウリン)ブランド#いぬのしあわせ成分表#

いぬのしあわせ11歳からの高齢犬用(1500g)×6【ケース販売】

Amazon

2,844

いぬのしあわせ11歳からの高齢犬用(1500g)×6【ケース販売】

●愛犬の大好きなチーズを粒に練り込み、さらにミルクパウダーをまぶしました。●食が細くなりがちな11歳以上の長寿犬に適した栄養バランス●毎日の元気のためにマルチビタミン配合●活力の補給にタウリン配合●総合栄養食●微粉砕原料使用●着色料無添加●香料無添加●オリゴ糖配合●天然由来酸化防止剤●高齢犬向け●小分けパック原材料●穀類(とうもろこし、小麦粉、ホミニーフィード、コーングルテンミール、脱脂米糠)、肉類(チキンミール、ミートミール、チキンパウダー、ビーフパウダー)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル)、豆類(大豆ミール)、魚介類(フィッシュミール)、ビートパルプ、乳類(ミルクパウダー、チーズパウダー)、アルファルファ、野菜類(パプリカ、キャベツパウダー、にんじんパウダー、ほうれん草パウダー、かぼちゃパウダー)、糖類(オリゴ糖)、アップルファイバー、β‐グルカン、ミルクカルシウム、クロレラ、グルコサミン、クローブ、バジル、ローズマリー、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、イノシトール、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、ヨウ素、亜鉛、銅)、アミノ酸類(タウリン)ブランド#いぬのしあわせ成分表#

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
ノーブランド品 (犬・猫用)キャリーストーン 53g(ストロバイト結石用サプリメント)

Amazon

5,800

ノーブランド品 (犬・猫用)キャリーストーン 53g(ストロバイト結石用サプリメント)

【原材料】 カリカパパイヤ(カルシウム・マグネシウム・アミノ酸群含有)、ビタミンC、 N-アセチルグルコサミン、ビタミンA、天然T、ダンディライオンT-1抽出物、 植物抗菌素 Ca・Mg含有量 カルシウム 5.7mg マグネシウム 4.9mg 【使用方法】 体重5kg当たりティースプーン1杯弱(1.7g)を一日量として2回に分けて 食餌に混ぜて与えてください。 ※長期間使用されたい場合は3ヶ月後1週間休止してください。 尿路が強いアルカリ性(または酸性度が不十分なこと)により生じたアルカリ結石に 効果があります。 ー結石はカルシウムからできているという事実ー 高タンパク質高脂肪」中心の食事を避けるようにしましょう 結石の一番の原因は、「高タンパク質高脂肪な食事」です。 その心配のある犬や猫は、日頃から成犬用フードはタンパク質価20から22%、猫用フードは30から31%のものをお勧めします。 Q:どうして高タンパク質高脂肪の食事がいけないの? A:身体の中で「脱灰」がおこるためです。 【脱灰とは】 1)血液が酸性に傾く。 それを中和するために、骨からカルシウム(アルカリ性)を溶かして血液中に送り込み、pHバランスを調整します=「脱灰(だっかい)」現象。 2)高タンパク質な食事(肉類)には、「リン」が多く含まれている。逆にカルシウムは少ない。 血液中のカルシウムとリンは、1対1のバランスに保たれており、このバランスを維持するために、骨からカルシウムを溶かして血液中に送り込んで、バランスを調整します=「脱灰(だっかい)」現象。 以上のように、動物性タンパク質の過剰摂取は、二重の意味で「脱灰」現象(=骨からカルシウムが溶け出す)が関わっています。 このことが事実だと分かる証拠は、結石の成分のほとんどが「カルシウム...

スポンサーリンク
スポンサーリンク