メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「発酵マット」検索結果。

発酵マットの商品検索結果全426件中1~60件目

送料無料
レビューをお願い致します◆送料無料!マスターズ無添加発酵マット 10L×7袋 クワガタムシの産卵に最適なクワガタマット!害虫の混入99%なし! クワガタムシ 産卵用 超高品質 昆虫マット 幼虫のエサ...

ダイナステス マスターズ 廣島

6,720

レビューをお願い致します◆送料無料!マスターズ無添加発酵マット 10L×7袋 クワガタムシの産卵に最適なクワガタマット!害虫の混入99%なし! クワガタムシ 産卵用 超高品質 昆虫マット 幼虫のエサ...

マスターズマットシリーズすべてに言えることですが、コバエ、ミミズ、線虫、雑虫、石などの混入は、99%ありません。室内で管理を徹底していますのでご安心下さいませ。 ただ、保管中の管理が完璧でなければ害虫はすぐに混入してしまいますので、完全阻止する為には密閉した容器で保管をお願い致します。 ◆製造・販売元など◆ (株)O・T・NET ダイナステス マスターズ 廣島 ※発酵マットは、発送する前や使用前に熱をもっていなくても、 輸送中や加水後に再発酵することもありますので、 使用前には必ずガス抜きをして使ってもらえれば万全だと思います。 ガス抜きは、バケツや衣装ケースなどへ入れて、良く攪拌しておが屑の臭いになれば大丈夫です。 高温になる夏場は特に要注意ですが、 冬場もできればガス抜きをしっかりされたほうが良い結果も出やすいです。 ※使用する生体や状況に合わせて水分を調整できるように、 できるだけ水分はとばして発送していますので、適度に加水してご使用下さいませ。 水分をとばして発送することで、劣化防止にもなりますし、 1梱包で沢山発送できるようになるので、価格をお安くできています。 ※マットに白い菌糸が発生する場合がありますが、攪拌してご使用頂ければ問題はありません。 ※良い物を作り出す為に常に研究しておりますので、予告なしに改良することもあります。 また改良ではなく多少のロット差が生じてしまうこともありますがご理解・ご了承下さいませ。

育成クヌギマット 10L【楽天24】【あす楽対応】[SANKO(三晃商会) 醗酵マット(クワガタムシ用)]

楽天24

746

育成クヌギマット 10L【楽天24】【あす楽対応】[SANKO(三晃商会) 醗酵マット(クワガタムシ用)]

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。商品説明「育成クヌギマット 10L」は、クワガタ虫の産卵促進から幼虫育成に最適なプロテイン配合の醗酵マットです。広葉樹材朽木を粉砕し、栄養剤を添加し、発酵熟成させたマットで、外産・国産オオクワガタ虫や外産オオヒラタクワガタ虫産卵から幼虫育成用としてご使用頂けます。使用方法●産卵から幼虫育成まで(1)交尾したメスは産卵木やマットの中に、平均して約10-30個位の卵を産みます。(2)セット後1ヶ月から2ヶ月位すると、飼育容器底面部のマットの中や産卵木をていねいに割っていくと、大きさが10mm前後の白い幼虫が見つかります。※ 種類によっては、産卵場所が違います。一般的にオオクワガタ虫系は産卵木内、ヒラタクワガタ虫系は産卵木内・外周辺やマット内が多い様です。(3)2ヶ月位して取り出した幼虫は、それぞれ1匹ずつ別々の容器へ移し替えて下さい。共食いをしてしまいますので注意しましょう。(4)容器内で育った幼虫は翌年の4-6月頃蛹室を作り、サナギへと蛹化し、1ヶ月程で成虫へと羽化します。蛹室を作り始め羽化までの間は、絶対にゆらしたり刺激を与えないようにしましょう。●成虫育成からブリーディングまで(1)飼育容器は、出来るだけ大きい物を使用しましょう。(幅30cm*奥行き20cm*高さ20cm以上)(2)育成クヌギマットを容器の底から3-4cm位になる様、上からしっかり押さえて硬く敷いて下さい。(3)硬く敷かれた育成クヌギマットの上に、皮をむいて加水された産卵木を数本敷きます。(4)産卵木との間は、育成クヌギマットを、軽くスキ間がない様に敷いて下さい。(5)エサ場や足場となる、止まり木・エサ皿を設置しましょう。(6)飼育場所は、直射日光の当たらない風通しの良い場所を選びましょう。(7...

国産カブト・ノコギリ専用マット 5L【楽天24】[昆虫フード カブトムシ・成虫用マット]

楽天24

425

国産カブト・ノコギリ専用マット 5L【楽天24】[昆虫フード カブトムシ・成虫用マット]

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。商品説明「国産カブト・ノコギリ専用マット 5L」は、広葉樹材と菌床材等をブレンドし、発酵させて作られたマットです。国産カブト虫・ノコギリクワガタ虫の産卵から幼虫育成用として、また成虫飼育用としてご使用頂けます。成虫の産卵を促進させ、幼虫にとって消化、吸収しやすい様に広葉樹材をベースに発酵させてあるので、元気に大きく育てる事が出来るマットです。使用方法●成虫育成からブリーディングまで(1)飼育容器は、出来るだけ大きい物を使用しましょう。(幅30cm*奥行き20cm*高さ20cm以上のもの)(2)マットは容器の底から10-15cm位敷き、特に底から5cm位の深さの所までは硬く敷きます。(3)エサ場や足場となる止まり木、エサ皿を設置しましょう。(4)飼育容器は、直射日光の当たらない風通しの良い場所に置きましょう。(5)エサは絶対に切らさない様にし、マットの乾きにも充分注意しましょう。●成虫育成からサナギまで(1)飼育容器の底面に直径2mm位の白く丸い物(卵)が発見されたり、小さな幼虫が見つかれば、飼育容器内のマットの量を8分目位まで増やしましょう。(2)幼虫がマットを食べて、マットの表面に丸いフンが目立つ様になるとマットの交換時期です。マットは全部入れ換えずに半分から7分目位を新しいマットに入れ換える様にして下さい。(3)飼育容器は、直射日光の当たらない温度変化の少ない所に置きましょう。(4)国産カブト虫の場合は翌年の5-7月頃、サナギへと蛹化しますので、この時期のマットの入れ換えは絶対しない様にして下さい。(5)約10ヶ月位の歳月をかけて成虫へと羽化したカブト虫達は1-2週間位は地中で体がしっかりかたまるまで過ごします。ご注意●本品は、国産カブト虫...

スポンサーリンク
スポンサーリンク