メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「トロピカ社水草」検索結果。

トロピカ社水草の商品検索結果全7件中1~7件目

(Tropica・水草) ミクロソリウム プデロプスXLポット1POT

Amazon

6,400

(Tropica・水草) ミクロソリウム プデロプスXLポット1POT

トロピカ社のミクロソリウムプテロプスの中では一番大きく見応えのあるおおきさです。取り扱い店舗も少ない稀少商品です。 ミクロソリウムは底床に植え込んでも、流木や岩に活着させても育成できる水草です。 根茎を用上の上に置くか、流木や石につかまらせるようにします。 光、水温などに幅広く適応し丈夫であるが水中育成に中性~弱酸性の水が適していてやや古い水質を維持するとよく育ちます。 ミクロソリウムは水質の急変を嫌い、長期間にわたって水替えを行なわなかった水槽の水を急に替えると、親株が衰弱してしまいます。 その後世代交代の為、葉の裏面から新しい芽を数多く出すようになります。 弱アルカリ性、弱硬水中では葉が濃い緑色になり、成長は遅くなります。 弱酸性の水質を一定に保つのが育成のポイントです。ー商品配送までのご案内ー 商品発送までには2~7営業日程度のお時間を頂戴いたしております。 在庫切れの場合はお取り寄せかキャンセルでの応対になります。 詳細はメールにてご連絡差し上げております。 メールはinfo@masukoap.comよりお送りいたします。 商品は基本的に午前中に到着するようお送りしております。 商品到着後は速やかに中身のご確認をお願い申しあげます。 天候などの影響により発送できない地域もございます。あらかじめご了承ください。 ー出荷予定日のお知らせについてー ご注文後発送のご連絡をさせていただいておりますが、指定日ご希望のお客様の場合当日もしくは前日に発送日のご連絡をさし上げております。 注文いただきました商品につきましては在庫の確保と準備を進めておりますのでご安心ください。 万が一状態悪化等で在庫が切れてしまった場合、当店より前もってご連絡いたします。 ー生体の発送についてー 一部の生体は「販売個体数」+「α匹分の保証...

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム ウェンディロフ(3個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,635

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム ウェンディロフ(3個) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。先端に向かって細かく枝分かれしていく、トロピカ社の社長の名前を冠したミクロソリウムの改良品種です。 幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。 ...

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム ウェンディロフ(5個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

2,343

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム ウェンディロフ(5個) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。先端に向かって細かく枝分かれしていく、トロピカ社の社長の名前を冠したミクロソリウムの改良品種です。 幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。 ...

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム プテロプス ソードリーフ(3個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,635

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム プテロプス ソードリーフ(3個) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。インボイス名はソードリーフで入荷しています。 トロピカ社のプテロプスに近い、細長くウェーブの少ないすらっとした容姿が特徴です。 幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等...

(水草)ライフマルチ(茶) ミクロソリウム ウェンディロフ(5個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,962

(水草)ライフマルチ(茶) ミクロソリウム ウェンディロフ(5個) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。先端に向かって細かく枝分かれしていく、トロピカ社の社長の名前を冠したミクロソリウムの改良品種です。 幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。 ...

(水草)ミクロソリウム プテロプス ソードリーフ付流木 SSサイズ(1本)(約10cm) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,580

(水草)ミクロソリウム プテロプス ソードリーフ付流木 SSサイズ(1本)(約10cm) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。インボイス名はソードリーフで入荷しています。 トロピカ社のプテロプスに近い、細長くウェーブの少ないすらっとした容姿が特徴です。 幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等...

こちらの関連商品はいかがですか?

(水草)ライフマルチ(茶) ミクロソリウム プテロプス ナロー(5個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,962

(水草)ライフマルチ(茶) ミクロソリウム プテロプス ナロー(5個) 本州・四国限定[生体]

一般的にナローと呼ばれるタイプの細葉系のミクロソリウムの仲間です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに溶けてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。

(水草)ライフマルチ(茶) ミクロソリウム プテロプス(5個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,962

(水草)ライフマルチ(茶) ミクロソリウム プテロプス(5個) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム プテロプス ナロー(5個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

2,343

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム プテロプス ナロー(5個) 本州・四国限定[生体]

一般的にナローと呼ばれるタイプの細葉系のミクロソリウムの仲間です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに溶けてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。

(水草)ミクロソリウム プテロプス ボード Sサイズ(3個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

2,943

(水草)ミクロソリウム プテロプス ボード Sサイズ(3個) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム プテロプス ナロー(3個) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,635

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ミクロソリウム プテロプス ナロー(3個) 本州・四国限定[生体]

一般的にナローと呼ばれるタイプの細葉系のミクロソリウムの仲間です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに溶けてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。

(水草)ミクロソリウム プテロプス付 流木 SSサイズ(1本)(約10cm) 本州・四国限定[生体]

Amazon

1,526

(水草)ミクロソリウム プテロプス付 流木 SSサイズ(1本)(約10cm) 本州・四国限定[生体]

ウラボシ科(Polypodiaceae)の植物。幅広い水質に対応し、非常に丈夫な所から、古くから親しまれる水草です。 着生(張り付く)する性質と生長が遅い点から、レイアウトで長期維持が可能な点もポイントです。 石や流木に着生させると、趣のある自然な景観をつけることが出来ます。 また産地により多彩な葉が展開する点からコレクション性も高い種類です。 強健な種類で水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。弱アルカリ性から弱酸性に対応しますが、中性で高度が若干ある環境がもっとも理想的です。 育成していると新芽の部分が薄く透けたようになりますが、健全に育っている証拠ですので特に何もする必要はありません。定期的に古い葉と込み合った部分の葉を取り除く事により、整った容姿にすることができます。 生長が遅く、1度コケが発生すると取り除くのが困難になりますので、ヤマトヌマエビ等を多めに入れて予防することも有効です。砂やソイルに植えると根茎の通水性の確保が出来ずに枯れてしまう場合があるので、何かに活着させるとよいでしょう。 気をつける所としては、通称シダ病と呼ばれるミクロソリウム特有の病気があり、葉が茶黒くなり一気に枯れてしまう症状が出る場合があります。一般的に水温が28度以上、根茎近くに水の淀みが発生している等の場合に発症しやすいと言われています。対策としては、水温を下げる(クーラーの設置)、通水性の確保(葉を間引く)などが有効です。流木ごと取り出して、水の中で濯ぐのも有効です。もし発生してしまった場合は、発生した葉と触れた可能性がある葉も全て取り去る等、思い切った対策が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク